BIG RACE PLAYBACK

BIG RACE PLAYBACK
  • 弥彦
    21#
    被災地支援 開設66周年 弥彦記念GⅢ
    7/30(土) ~ 8/2(火)

浅井康太王者の威厳示す

浅井康太/三重/90期/SS

浅井康太/三重/90期/SS

 周囲からため息の漏れる強さ。S班の浅井康太が圧巻の逃げ切りVで王者の威厳を示した。

「競輪祭が決まっていない2人を連れてだったし、ほぼ川村晃司さんとの2分戦。タイミングを見て行きますとは話をしていて、ジャン過ぎでタイミングがきたので。(その後は)自分のペースを守って先行しました」

 前検日には「今年1年は結果を求めて」と語っていたが、決勝はラインを引き連れての先行策。「最近はラインの競走を前走ってる選手がしてくれてたんで。ラインを大切にという気持ちで走りました」と中部の絆を大切にした上で、堂々と押し切った。

 北野武史は絶好の展開も、浅井を交わせず準V。記念初はVならず。

「あーえらかった。獲らせてくれてもええやないか(苦笑)。絶好の展開になったと思ったけど、やっぱりつえーや。いい夢見させてもらいました」

 初手から近畿を追走した諸橋愛はレース展開が予想違い。地元Vを逃し無念さを滲ませる。

「浅井が先行するとは思わなかった。川村さんだと思っていた。ホームで4番手に切り替えられたら違っただろうけど。そこは自分の勇気の足りなさです」

被災地支援 開設66周年 弥彦記念GⅢ 結果

2車単 3連単
TOP