BIG RACE PLAYBACK

BIG RACE PLAYBACK
  • 久留米
    83#
    熊本地震復興競輪 火の国杯争奪戦in久留米GⅢ
    10/20(木) ~ 10/23(日)

中川誠一郎が故郷に「底力」

中川誠一郎/熊本/85期/S1

中川誠一郎/熊本/85期/S1

 

今開催に向けハードに練習したため、前回の寬仁親王牌はオーバーワークに。それほど今回にかける意気込みは大きかった。最後は自らの脚でナショナルのチームメイト・脇本雄太、早坂秀悟を下し、地元記念を勝ち獲った。

 

「今年は最高の年ですね。最後は力を出せたけど、ホントにラインと展開って感じで。秀悟は1回引いて出て行くと思ったけど退かしてきたので。そこからはワッキー(脇本)が止まったのが見えたので行けると。(井上)昌己さんのひと振りと、ラインを固めてくれたおかげです」

 

井上は好アシストし仲間の優勝を喜ぶ。

 

「最高の展開でしたね。ワッキーが来たら俺が頑張ろうと。ワッキーが見えたので1回振ったら止まったので。余裕あったしレースが見えてた。でもあれは交わせない。誠一郎が勝ってよかった」

 

「一瞬、夢をみました」と言うのは早坂。ゴール直前で交わされ涙を飲む。

 

「動くのは俺かワッキーの2人だから、そこをどう攻略するかが鍵だった。誠一郎さんが切る前提で考えて、そこから退かして出てもいいし、出なくてもいいしで。形としては良かったけど」

熊本地震復興競輪 火の国杯争奪戦in久留米GⅢ 結果

2車単 3連単
TOP