BIG RACE PLAYBACK

BIG RACE PLAYBACK
  • 和歌山
    55#
    平成29年度 全日本プロ選手権 自転車競技大会記念競輪  スーパープロピストレーサー賞FⅡ
    5/27(土) ~ 5/28(日)

機敏に立ち回った古性優作

古性 優作/大阪/100期/S1

古性 優作/大阪/100期/S1

 

 青板のバックで平原康多が動くと、ホームから古性優作が動き、更に打鐘前2コーナーから渡邉一成が叩いて主導権を握る。8番手になった浅井康太もすかさず巻き返してバック過ぎに前団をとらえたが、今度は平原がまくり切る。これで大勢は関東コンビで決まったかに思われたが、バックで金子貴志、2センターでは武田豊樹をそれぞれ内から飛ばした古性が直線鋭く抜け出した。

「たまたまですね。岩津裕介さんが付いてくれてラインもできたし、頑張ろうと思ってたけど打鐘でキツかった。あそこで飛びついて一杯でした。かぶる前にあの上を行くのが理想だったんですけどね」

 それでも苦しい展開を抜群のさばきで切り抜けるところが今の古性の強みだ。

「展開が向いただけなんで、しっかり力勝負ができるようになったら、もっといいレースができるんじゃないかなと思います」

 古性追走から中割りを狙った岩津だったが、惜しくも逆転はならず。

「古性は前々に行ってくれたし仕方ないですね。みんな積極的で仕掛けるところがなかったけど、前々に行ってくれたから僕にも踏むコースができた。古性が流れに乗ってくれたのでよかったです」

 古性に当たられた武田は立て直し外を回すも3着まで。5度目の大会制覇は成らず。

「凄いスピードでしたね。平原君のまくったスピードもいいし、決まるなと思い油断があったかも。(内から古性が来た)締め込むと(落車)事故が気になってできなかった。勉強になりましたね」

 まくった平原は直線でまさかの失速。5着に敗れた。

「スピードレースで、すごいレースだったですね。行き切ったけど、そこでもう一杯でした。力がなかっただけですね、最後は」

 打鐘から早々と巻き返した浅井は渡邉をまくり切るも、その上を平原に行かれた。

「今は自力でやってて楽しい。モガいても楽なんで。負けたけど出切れてるし、いいレースはできたと思う」

 渡邉マークの新田祐大は浅井を止められず。ラスト半周は内にかぶったまま、踏み場なく終わってしまった。

「大丈夫だろうってところで浅井さんが来た。(けん制する)タイミングも下手くそでした。ああいうレースをできる人は強いですね」

 逃げた渡邉は「打鐘前の流すところでペースを上げれば誰か来ると思ったけど、新田のところに追い上げみたいになっちゃったから」と北勢の敗因を分析した。

 

自分は精一杯、しっかり走るだけです

優勝おめでとうございます

「ありがとうございます」

 

スーパープロピストレーサー賞の作戦は? 

「今日は先行選手がいなかったので、主導権を取れるように走ろうと思ったんですけど、ああいう風に展開が向いたので良かったです」

 

持ち味が活きたレースでした 

「外に踏むコースが無かったので、しっかり見極めてと思っていました」

 

レースのポイントは? 

「本当は(仕掛けて)いかなくてはいけないタイミングがたくさんあったんですけど、脚力的にきつい面があったので。一回見逃したので、そのあとちょっと展開がきつかったんですけど、なんとか前に踏めて良かったです」

 

岩津裕介との連係でした 

「岩津さんも付いてくれて、頑張ろうと思っていました。展開が向いてくれて良かったです」

 

ファンからの声援がありました 

「応援してくれたおかげで、最後、伸びたと思います」

 

近畿地区の大会で、ただひとり優出でしたが 

「自分は精一杯、自分がやることをやるだけなので」

 

しっかりと1着奪取 

「ただ展開が向いただけなので、しっかり力勝負ができるようになったら、もっと良いレースができるんじゃないかなと思います」

 

今後のGⅠに向けて 

「はい、頑張ります。自分は一生懸命走るだけです。応援、ありがとうございました」

 

 

古性優作/大阪/100期/S1

古性優作/大阪/100期/S1

Profile

古性 優作 KOSHOW YUSAKU

 

●1991年2月22日生まれ、26歳

  

●在校順位は11勝で34位

 

 11年7月4日岸和田競輪場でデビュー、同初優勝(1着1着1着)

 

 14年11月松戸競輪場でS級初優勝(3着3着1着)

 

 15年3月5日、和歌山競輪場で通算100勝達成

 

 16年10月寬仁親王牌でGⅠ決勝初進出(3着2着1着7着)

 

●通算成績:525走 優勝:20回、1着:158回、2着:91回、3着:60回

 

●グレードレース優勝歴:16年12月岸和田記念(GⅢ)、17年3月松阪記念(GⅢ)

 

●出走予定 サマーナイトフェスティバルGⅡ 7月15日~17日

 

      青森FⅠ 7月26日~28日

平成29年度 全日本プロ選手権 自転車競技大会記念競輪  スーパープロピストレーサー賞FⅡ 結果

2車単 3連単
TOP