BIG RACE PLAYBACK

BIG RACE PLAYBACK
  • 向日町
    54#
    開設67周年 京都向日町記念GⅢ
    8/31(木) ~ 9/3(日)

勝機ものにした小倉竜二

小倉竜二/徳島/77期/S1

小倉竜二/徳島/77期/S1

小倉竜二はGレース制覇から遠ざかること10年以上。6年2度目の競輪祭優勝から長い歳月が流れていった。それだけに超新星、太田竜馬の存在は刺激になったことだろう。

「仕事するまでもなかった。踏み上がりがハンパじゃなかった」

 早めに稲垣裕之に併せ込んでフタをした太田は、山降ろしで主導権を奪取して逃げる。稲垣のまくりは、小倉のブロックを必要とすることなく3番手の横でいっぱい。あとは四国3車にV争いが絞られた。

「(太田には)まくりも来させない完全なレースして欲しいと。出て(先行をして)くれて、自分がなにもしないのは大きい。出し惜しみしないで行ってくれたのが、僕の優勝につながった」

 突っ張られないギリギリまで仕掛けを待つ度胸満点の組み立てたと抜群の掛かりで、太田が四国を上位独占に導いた。

「(四国の)誰かが優勝できればと。ああいう先行を記念の決勝でできて良かった。ただ、もうゴール前はいっぱいだった」

「地元の意地が見せられなかった。しっかり位置を取って自信をもって仕掛けたんですけど...」とは、まくり不発の稲垣の弁。

開設67周年 京都向日町記念GⅢ 結果

2車単 3連単
TOP