BIG RACE PLAYBACK

BIG RACE PLAYBACK
  • 松戸
    31#
    開設67周年 松戸記念GⅢ
    9/28(木) ~ 10/1(日)

シビアな運行で諸橋愛がV

諸橋愛/新潟/79期/S1

諸橋愛/新潟/79期/S1

 決勝戦は勝負どころで思わぬ展開になる。先行態勢に入った吉田拓矢に対し、打鐘過ぎ4コーナーから根田空史の巻き返し。諸橋愛は神山拓弥がけん制した内を1センターからすくって吉田後位に。勝敗を分けたシビアとも言えるこの動きを諸橋自身はこう説明する。

「根田の勢いがよかったんで、(神山には)番手まくりに行ってくれと願ったけど、止めに行ってたので。1回目は待ったけど、2回目はかぶるなと思って待てなかった。意外と今日も(自分に)人気があったので、応えていかないとっていうのもあった」

 地元勢が不発と見るや、内に切り込んだ佐藤慎太郎が諸橋に続く形で2着に入った。

「根田が絶対に仕掛けると思っていたから、行ったところで内に行けばいいかなって。(諸橋)愛ちゃんの後ろにはまったときにバックを踏んだし、そこでイチかバチかまくってもよかったかな」

 根田は諸橋の動きで腰砕けになり、大きく外を後退した。

「行けたと思った。でも、あれ(諸橋の動き)は予想外でしたね。コーナーの下りを使ってと思ってたら、神山さんと一緒に膨らんじゃったので...」

開設67周年 松戸記念GⅢ 結果

2車単 3連単
TOP