BIG RACE PLAYBACK

BIG RACE PLAYBACK
  • 別府
    86#
    開設67周年 別府記念GⅢ
    12/2(土) ~ 12/5(火)

混戦切り抜けた田中晴基

田中晴基/千葉/90期/S2

田中晴基/千葉/90期/S2

前を行く竹内雄作を3コーナーでとらえたが、その外を岩津裕介が迫ってくる。「持って行ったらガシャンって。ヤバいなと思った」。あおりで岩津マークの橋本強が落車し、田中晴基は審議対象に。笑顔で出迎える同県の仲間にも「失格かも」と話すが、セーフのアナウンス。勝機を呼び込んだのは青板周回での判断だ。

「竹内の先行だろうから、その後ろをみんな取りたがるはず。誘導を残して引きたくないと思ってたら、古性(優作)は切らずに、(竹内)雄作が2車で来たんで、いいの?と思った。ラッキーでした」

 ホームで田中の後ろに入った大塚健一郎が流れ込み2着。優勝を逃した悔しさよりも、古性に離れたことに苦笑い。

「ぶっ千切れた。ボロが出ましたね。(競輪祭の落車で痛めた肋骨を押さえながら)引いてドンは一番ダメ。たとえ繰り上がってたとしても喜べない。お恥ずかしい」

 大塚に割り込まれた中村浩士は再度ドッキングは叶わず。落車を避け3着が精一杯だった。

「(大塚に割り込まれて)自分はあれを行くと失格。チャンスがあるところでもう1回と思っていた。そしたら晴基が行っちゃって岩津も来ちゃった」

開設67周年 別府記念GⅢ 結果

2車単 3連単
TOP