BIG RACE PLAYBACK

BIG RACE PLAYBACK
  • 名古屋
    42#
    開場68周年 名古屋記念GⅢ
    3/1(木) ~ 3/4(日)

吉田敏洋が二度目の地元記念V

吉田敏洋/愛知/85期/S1

吉田敏洋/愛知/85期/S1

 全日本選抜で落車し続く静岡記念を欠場。不安な体調をカバーしたのは仲間の力と地元記念にかける精神力。「嬉しいっすね。前回よりも嬉しい」と話す目は少し潤んでいた。

「和也(高橋)が決勝に上がってきて、並びも正直迷ったけど、獲るためにはどうするかを考えて。浅井(康太)が頼もしかったね。あのユニフォームに相応しい男でした」

 打鐘で高橋が叩かれると、浅井がホームから巻き返す。しかし、当然のように村上義弘の抵抗が待っていた。

「1コーナー、2コーナーは絶対に村上さんが来るところ。浅井が無理やり行くのは分かってたし、そこが勝負だと思ってた。一番キツいところを冷静に回れたのがよかった」

 単騎の松浦悠士は吉田敏洋に続く絶好の流れになったが逆転はならず。

「最後はトシ(吉田)さんのペースにはまった。トシさんが踏んだ瞬間は抜けると思ったけどね」

 吉田を勝利に導いたのは最終ホームから仕掛けた浅井の気迫だ。

「無理やりだったけど、あれしかないでしょう。村上さんはサラ脚で(番手から)出てくるのは分かってました。村上さんでなければワンツーだったかも」

開場68周年 名古屋記念GⅢ 結果

2車単 3連単
TOP