BIG RACE PLAYBACK

BIG RACE PLAYBACK
  • 玉野
    61#
    開設67周年 玉野記念GⅢ
    3/8(木) ~ 3/11(日)

三谷竜生が破竹の快進撃

三谷竜生/奈良/101期/SS

三谷竜生/奈良/101期/SS

 ダービー王の三谷竜生にとっては、3場所前の高松で遅すぎる記念初V。その後は地元記念Vで勢いに乗ると、今年3度目の記念優勝を飾った。「自分のやることは変わらない。それで結果が出ているのはいい」と泰然自若。

 赤板手前で取鳥雄吾を押さえる。三谷ラインに九州勢が続き、山中秀将も叩く気配はない。別線にプレッシャーを与えレースを支配した。

「(取鳥が)前を取ったので、早めに押さえた。あとはほかの人の動きを見ていた。柏野(智典)さんが(取鳥と)空いてたけど、力勝負と思ってたんで引いた」

 取鳥が巻き返すと遅れ気味の柏野、堤洋まで受け4番手。最終2角過ぎにまくり上げた。

「あの位置で見てしまい、後ろから来られたら面白くない。競走が小さくなると結果も出なくなってくる。駆けるつもりもあったんで態勢が整っていた」

 打鐘4角で主導権を奪った取鳥は「一瞬、夢をみました」と、逃げ切りを図るも準V。

「あんだけ柏野さんにやってもらったけど、まだまだですね」

三谷マークの志智俊夫は柏野に大きくもってこられて3着を悔やむ。

「引っ掛からないように避けたけど、それ以上に柏野君が来た」

開設67周年 玉野記念GⅢ 結果

2車単 3連単
TOP