BIG RACE PLAYBACK

BIG RACE PLAYBACK
  • 函館
    11#
    開設68周年 函館記念GⅢ
    6/2(土) ~ 6/5(火)

和田健太郎が記念初優勝

和田健太郎/千葉/87期/S1

和田健太郎/千葉/87期/S1

「初日が(田中)晴基、準決は桐山(敬太郎)君、それで郡司(浩平)君ですから」

 デビュー16年目の記念初優勝。苦労人の和田健太郎が、まずはラインへの感謝を口にする。

 新山響平と竹内雄作の先行争いが赤板で幕を開ける。7番手でも郡司にとっては悪くない流れ。だが、郡司は浮いた竹内の外を回されるロスが響き、中団から出た菅田壱道に合わされた。

「郡司君がしっかり仕掛けてくれた。信頼の厚いところですね」

 和田は自力に転じた菅田にスイッチ。直線半ばで菅田をとらえた。

「シビアだったかもしれないが、郡司君もあそこまでやってくれたんで。やっぱり(ラインで)ワンツーがベスト。優勝しても(喜びは)半分です」

 単騎の園田匠は脚力を温存。和田を追走し直線で踏み込むも2着。

「和田君が入ってきて、バックを踏んで怯んでしまった。きれいに付いていけたら...」

 主導権を守り切った新山との連結を外した菅田は、4番手から自力に転じてまくった。

「(新山)響平と(竹内)雄作は先行選手。お互いにプライドがある。俺が離れてレースをぶち壊してしまった。(番手を)回してもらえなくなる。次は失敗しないように」

開設68周年 函館記念GⅢ 結果

2車単 3連単
TOP