BIG RACE PLAYBACK

BIG RACE PLAYBACK
  • 久留米
    83#
    開設69周年 久留米記念GⅢ
    6/23(土) ~ 6/26(火)

浅井康太が沈着冷静にV

浅井康太/三重/90期/SS

浅井康太/三重/90期/SS

 

 前受けから7番手に下げた浅井康太は終始落ち着いていた。「早めに引いて巻き返す展開を作ろうと思ってた。状況に応じてレースをしよう」。レースは4車の九州勢が先行。

2コーナーから吉澤純平が襲いかかると、浅井は冷静にこのラインに続く。2センターであおりを受けた杉森輝大が膨らむと、すかさず杉森を飛ばして直線突き抜けた。

「外を踏んだけど無理だったんで車線変更した。追い込みの脚が生きたと思うし、これが自在かな。(記念優勝は)久しぶりです」

 九州4 車の番手回り。吉澤の仕掛けに番手まくりで応戦した吉本卓仁だが、惜しくも地元で記念初優勝は成らず。

「浅井が強かったと言うしかないですね。(番手を井上)昌己さんに回してもらってるし、自分が弱いのが悪い。まだまだ鍛えろってことですね。6年前の決勝より久留米の直線が長く感じました」

 ワンツーはならなかったが山内卓也は3着。追加で競輪祭の権利も取ってホクホク顔だ。

「浅井が強い。ペースが速くなればなるほど、前の仕掛けも早くなるんで、結果浅井のまくり追い込みになるんじゃと思ってた。2着まで行きたかったけど、内が残ってた」

開設69周年 久留米記念GⅢ 結果

2車単 3連単
TOP