BIG RACE PLAYBACK

BIG RACE PLAYBACK
  • 松戸
    31#
    開設69周年 滝澤正光杯in松戸GⅢ
    10/13(土) ~ 10/16(火)

単騎でも魅せた村上義弘

村上義弘/京都/73期/S1

村上義弘/京都/73期/S1

 幼い頃、滝澤氏のレースを見たことがきっかけで競輪選手を目指した村上義弘。憧れの大先輩の冠レースでつかんだ今年初優勝だった。

「単騎なんでやれることは限られてくると思ったけど、雰囲気を見て自分で前々に踏むのか、最後のワンチャンスにかけるのかの判断でした」

 打鐘で山岸佳太を突っ張って先行態勢に入った坂本貴史の3番手をキープ。外併走の山岸ラインをけん制しながら、反撃のチャンスをうかがうと、山岸が最終1センターで力尽る。自分で踏んだ神山拓弥を2角過ぎで飛ばして、前団をまくり切った。

「タテヨコ強い選手ばかりだったので、チャンスをモノにできて良かった。この数カ月は後輩の頑張りで、今回は稲毛(健太)の頑張りで決勝に乗れたので、凡走はしないよ

うにと思っていました」

 村上を止められなかった諸橋愛だが、村上に続いた成清貴之をさばいて2着に入った。

「(坂本)貴史はちょっと踏みすぎたかな。引きつけて貴史と(ゴール)勝負ができたらなと思っていた」

 3着の成清は「脚が溜まってなかった。(諸橋にさばかれず)村上に付いていっても優勝はできてないでしょうね」と振り返った。

開設69周年 滝澤正光杯in松戸GⅢ 結果

2車単 3連単
TOP