BIG RACE PLAYBACK

BIG RACE PLAYBACK
  • 広島
    62#
    開設66周年 広島記念GⅢ
    12/6(木) ~ 12/9(日)

松浦悠士/広島/98期/S1

松浦悠士/広島/98期/S1

松浦悠士、地元で記念初V

 

 松浦悠士が地元で男になった。前を任せた三谷竜生が打鐘からの仕掛けで小松崎大地を叩き切ると、4コーナーを絶好の番手回り。チャンスを今年は逃さなかった。

「三谷さんが頑張ってくれました。力勝負に行ってくれてすごい強かった。あとは後ろがどこから来るかをしっかり見極めて」

 一昨年は番手で最終バックを通過も原田研太朗のまくりに屈し、昨年は準決勝で落車。悔しい思いを味わってきた。

「桑原(大志)さん、清水(裕友)の優勝を一緒のレースで見れた。次は自分の番だと思ってたし、気負うことなくできた」。今年は地元のプレッシャーに潰されず先頭でゴールを駆け抜けた。

 山崎芳仁のアシストで3番手に入った小松崎だったが、仕掛ける脚は残っていなかった。

「ああなったら先行しようと思ったけど、(三谷に)行かれてしまった。3番手に入って余裕はなかった」

 山崎は1センターで吉澤純平の巻き返しを封じるなど、番手の役割はしっかり果たした。

「竜生は来ると思ってたが4コーナーの下りだった。でも後ろが空いてたんで入れてやろうと。勝つにはバックで切り替えて行くしかなかったがまだ2人でチャンスはあった」

 

開設66周年 広島記念GⅢ 結果

2車単 3連単
TOP