BIG RACE PLAYBACK

BIG RACE PLAYBACK
  • 和歌山
    55#
    開設69周年 和歌山記念GⅢ
    1/11(金) ~ 1/14(月)

池田憲昭/香川/90期/S1

池田憲昭/香川/90期/S1

池田憲昭が記念初Vを飾る

タテ脚を磨いていた池田憲昭が、その成果を大一番で発揮した。小川真太郎の番手から追い込み、デビュー14年目でGⅢ初制覇を飾った。

「小川(真)と後ろの岩津(裕介)さんのおかげです。(昨年からまくりを出しているのは)今の競輪はタテ脚がないと厳しいし、チャンスがいつ来るかもわからないし。小川(真)とかは20代だから今後もチャンスがあるけど。こういう時のためにですね」

 前受けから中団に引いた三谷竜生が中川誠一郎を警戒していると、先に動いた小川真は誘導を降ろして先行策に。「想定外でした。三谷がすぐに来て、近畿の後ろの3、4番手かなと思っていた」。ホームから三谷が仕掛けるが、出切れずに3番手をキメにいく。押し込まれた岩津裕介と併走になった池田だが、外で併走しながら踏み込む。直線で鋭く伸びて優勝。

「外でも余裕がありました。でも、中川さんがどこまで来るかわからないし、無我夢中でしたね」

 三谷が不発と見た東口善朋は中四国勢に切り替える。最終2センターから外を回すも2着。

「見栄えの悪いレースをしてしまった。3番手からでも優勝を狙うつもりでいたので、その気持ちが強く出過ぎてしまった」

開設69周年 和歌山記念GⅢ 結果

2車単 3連単
TOP