BIG RACE PLAYBACK

BIG RACE PLAYBACK
  • 大宮
    25#
    東日本発祥70周年 大宮記念GⅢ
    1/17(木) ~ 1/20(日)

神山拓弥/栃木/91期/S1

神山拓弥/栃木/91期/S1

直線鋭く伸びた神山拓弥

関東は栃木両者の間に平原康多が入る並びで、神山拓弥は3番手。最後は平原を交わして優勝。

「自力選手あっての追い込み選手だと思っている。平原さんは自力ですごい選手。同県だから(番手主張)というのは違うと思う。平原さんを抜けたってことは、特別でも戦えるってこと。練習方法も間違っていないってことだと思う」

 矢野昌彦に野口裕史が襲いかかり、最終2角で海老根恵太まで出切られてしまう。千葉勢の後ろにスイッチした平原は、2センターで外を追い込む。神山は平原のさらに外を踏み込むと、鋭く伸びて通算4度目の記念優勝を手にした。

「ラインのおかげです。(最終3角は)振りながらだったけど、(内を)空けたつもりはなかった。(橋本強は)自分のところに来ると思い構えてたけど、そこから差し込んで行ってしまいましたね。もうあそこは(外を)踏むしかなかった。最後はすごい伸びたんで、大宮は相性がいい」

 単騎の志智俊夫は最終バック8番手も、大外を伸びて2着。

「レースが早くから動き、みんな脚力を消耗すると思っていた。だから脚を使わないようにと。脚を使わずにいられたけど、後方になっちゃいましたね」

東日本発祥70周年 大宮記念GⅢ 結果

2車単 3連単
TOP