BIG RACE PLAYBACK

BIG RACE PLAYBACK
  • 松阪
    47#
    開設68周年 松阪記念GⅢ
    1/24(木) ~ 1/27(日)

村上博幸/京都/86期/SS

村上博幸/京都/86期/SS

村上博幸が決め脚を発揮

引き揚げてきた村上博幸は開口一番「まさかでした」と目を丸くする。

「展開が遅くなるようならハコも考えてたけどね。(吉田拓矢が竹内雄作を)合わせてくれるようなら、やり合ったとこを(まくろう)と思ったら7番手になって最悪やと思った」

 ピッチの早い今の競走形態に対応するため、磨きをかけたタテ脚が決勝戦で爆発した。

「記念の決勝で出るとは思わなかったが、色んなトレーニングした成果が出たと思う。今回は4日間練習でやったことを競走で確認作業してた。自信になるより、まさかです」

 最後方に置かれた野田源一だが、3コーナー過ぎから内を突き2着。

「(吉田が)合わせ切るのか微妙だった。あそこはスイッチできない。なるべくサラ脚で回りたかったし、もう自分の位置から外は届かない。何回か内が空いたけど、神田(紘輔)君もいたし、(村上が)仕掛けるまで待った」

 浅井康太は内に切り込んでくる選手がいることが想定外だった。

「(番手から)出ることはそんなに考えてなかったし、吉田君のスピードがイマイチなので止まるなと思った。(野田が入って)内に気を取られたところを、そのうえを来られてしまいましたね」

開設68周年 松阪記念GⅢ 結果

2車単 3連単
TOP