ニュース

News
ニュース

平成30年度 朝日新聞社杯競輪祭の見直しについて

第64回(平成29年度第3回)競輪最高会議において、新規顧客拡大・電話投票拡大につなげることを目的とし、平成30年度に実施する朝日新聞社杯競輪祭を「競輪界初のGⅠナイター」及び「ガールズグランプリ出場選手を最終決定する開催」として以下のとおり見直すことが発表されました。なお、概定番組等詳細につきましては継続検討中でありますので決定次第お知らせいたします。


(1)目的
   平成30年度競輪祭を「競輪界初のGIナイター」及び「ガールズグランプリ出場選手を最終決定する開催」として実施するため4日制から6日制に見直し、新規顧客拡大・電話投票拡大につなげることを目的とする。
(2)開催区分
  ・昼間開催からナイター開催に変更する。
(3)開催日程
  ・6日制:平成30年11月20日(火)~11月25日(日)(全日12レース制)
(4)開催形態(概要:詳細は検討中)
  ・「競輪王座戦(従来どおり正選手108名で実施)」に「ガールズケイリン(正選手28名)」を新たに加えて実施する。
  ・ガールズケイリンは、2レーストーナメント(3日制)を2概定(決勝競走2個レース)を実施し、ガールズグランプリ出場選手を最終決定する開催とする。
(5)場外発売の拡充
  ・ナイター場外発売の拡充を推進する。

TOP