さとうゆみの徒然競輪コラム

column
さとうゆみの徒然競輪コラム

第22回 さとうゆみの徒然競輪コラム

ついに2017年もカウントダウンですね。皆さんにとっての重大ニュースは何でしたか? わたしにとってのトップニュースはパンダのシャンシャン誕生です。すくすく育ち、愛くるしさが増すシャンシャンのニュースに釘付けでした。パンダはもともとクマの仲間ですから凶暴な動物なのですが、白と黒の配置が絶妙なあの顔と仕草を見ているとニンマリ幸せな気持ちになります。大好きです。1枚目の写真は先日仕事で訪れた、その名も『パンダスタジオ』。置物からゴミ箱に至るまでパンダだらけ。撮影・公開全てOK!ということでパンダの写真を撮りまくって来ました。本物のパンダ、特にシャンシャンを見に行きたいなぁ。そんな流行る気持ちを抑え、今はグランプリに向け、資料の山と格闘しております。

今年末、久しぶりにグランプリで中継の司会を担当させていただくことになりました。実はわたしが初めてグランプリの司会をやらせていただいたのは平塚、加藤慎平選手が優勝した2005年でした。特別競輪の重みとはまた雰囲気の違う、お祭りのようであり、とてつもなくドラマチックなグランプリの雰囲気に、毎日ワクワクしながら中継したことを鮮明に覚えています。

平塚でのグランプリ初開催は1987年、優勝は滝澤正光さんでした。中野浩一さん、井上茂徳さんに続く三強の優勝でスタンドが沸きに沸いたと聞いています。当時の貴重なレース映像を振り返りながら、グランプリはそのひとレースに、その年の様々なことが集約されている、いわば歴史を記録するような特別なレースだなぁとあらためて感じています。6年ぶりに平塚で行われるKEIRIN GP、前回の平塚でのGPチャンピオン山口幸二さんと、今年の想いを乗せてお伝えしていきます。

シャンシャンには会いたいけれど、当たって欲しいのは観覧抽選よりも、やっぱりグランプリ。車券をとって、皆様好いお年を! See You!!

さとうゆみ

さとうゆみ プロフィール


フリーアナウンサー

SPEEDチャンネル1期生

趣味:サイクリング、イルカと泳ぐこと

TOP