後関信一の光と影

gokan
後関信一の光と影

第1回 後閑信一の光と影ー栄光と挫折ー

新人選手に向けて...



ウイニングランをご覧の皆様、元競輪選手の後閑信一です。
昨年末に27年間の現役生活を終えて競輪選手を引退致しました。
長年たくさんのファンの皆様にご声援を頂きその中で自らの競輪人生を悔いなく走れたことを幸せに感じております。この場をお借りして改めてファンの皆様と関係者の皆様、そして私に関わって下さった全ての皆様へお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。
これからは若手選手の指導・育成や、ファンの皆様と競輪界へご恩返しをしていきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。



今回から毎月ウイニングランでコラムを連載させて頂く事になりました。
記念すべき第一回目は【新人選手に向けてのメッセージ】です。
私が新人選手の皆さんに伝えたい事は、皆さんは選ばれた運の良い実力者ばかりだということです。 頂点になれば年間2億円越えも現実となる夢のある職業です。 皆さんはその夢に向かい、お客様は頑張る皆さんに夢を乗せて車券を購入して頂きます。皆さんは既に一企業の社長でありその会社の商品であるということを忘れないで下さい。
これから自分という競輪選手を商品としてお客様から興味を持って頂いて車券を買って頂ける様に自分をプロデュースしていくのです。
そういう考え方で進んで行くと、常に目の前に課題ができるので自分の方向性を見出せて行けるのではないかと思います。



長い競輪人生では栄光と挫折の繰り返しが付き物ですから、ターニングポイントが訪れた時はしっかりと自分と向き合い、モデルチェンジ(見せ方)等を考えてみたりすると気持ちにやる気が出てきます。 常に自分に新たな提案をして実行に移せる勇気と行動力が大切です。良いときもあれば上手く行かないときもある。上手く行かない時の方が多いかもしれませんが、それが人生!
上手く行かないから乗り越える楽しみがあり、それを乗り越えた時に競輪の醍醐味を感じられ更に上のステージへ進む事ができるのです。そして【見る者に感動を与えられる】選手になって下さい。 お客様からは声援をかけていただけます。時にはお叱りやヤジも飛んできます。しかしそれは期待や人気の裏返しだと思って下さい! 私も走っていて一番辛かった事は【何も言われなくなった時】なんです。言われるうちが華!なのです。競輪選手は夢の世界です。
私は現役中【夢よ覚めないでくれ!】と常に危機感を持って取り組んでいました。時間は有限です。

どうぞこれからのご活躍を心より応援しています。

後関信一

後閑 信一(元競輪選手・競輪評論家)プロフィール


1970.5.2生/牡牛座

主なタイトル/1996共同通信社杯優勝、2001共同通信社杯優勝
2005競輪祭優勝、2006寛仁親王牌優勝、2013オールスター競輪優勝

TOP